7月27日・阪神戦『ロッテのエキシビションマッチ』2021シーズン

7月27日のロッテの試合結果

2021-07-27(火)

本日は阪神タイガース戦

 

オリンピックの影響でリーグ戦が中断となっていますが、今日からは1軍選手の調整を兼ねたエキシビションマッチが行われます。

 

ロッテはセ・リーグの4チームと計11試合を行う予定ですが、中継の無い試合もあるようなので当ブログの記事の更新は気まぐれでやらせていただきます。

 

今日のスタメンは、代走での出場が主となっている和田選手やルーキーの小川選手など、1軍での出場が少ない若手選手が多く起用されています。

加えて甲子園での阪神戦ということもあり、4番はファースト髙濱選手・5番には指名打者鳥谷選手もスタメンに名を連ねる布陣です。

 

そして注目は、佐々木朗希投手田村選手の先発バッテリー

佐々木朗希投手はエキシビションマッチの期間中に2度の登板が予定されているため、良い形でリーグ戦再開を迎えられるように投げてほしいですね。

 

7月27日「ロッテvs阪神の試合結果」

7月27日のロッテの試合結果

本塁打 【M】髙濱(2回表ソロ)

〃   【T】佐藤(1回裏2ラン)

〃       大山(6回裏ソロ)

〃       佐藤(8回裏2ラン)

 

マリーンズの選手の試合成績

本日の試合に出場した千葉ロッテマリーンズの野手・投手それぞれの出場成績です。

 

野手成績

スタメン安打本塁打打点盗塁
1和田1020
2藤原1000
3藤岡0001
4髙濱1110
5鳥谷1010
6安田0000
7髙部1000
8小川0000
9田村0000
途中出場安打本塁打打点盗塁
代打中村0000
代打エチェバリア0000
代打山口0000
守備植田0000

 

投手成績

投球回自責点
佐々木朗3回2失点
フローレス1回0失点
石崎1回1失点
横山1回1失点
土居1回0失点
小野1回2失点

※エラーなどの関係で自責点に誤りがある可能性がございますが、ご容赦いただければ幸いです。

 

~本日の試合の振り返り~ 個人的ハイライト

今日の試合はロッテが2度阪神に追いつきながらも、阪神に3度目の勝ち越しを許して1度もリード出来ない展開でした。

阪神の佐藤輝明選手が2本塁打4打点と大暴れしていましたね。

 

ロッテ打線は髙濱選手のソロホームランや鳥谷選手のタイムリーヒットなど中堅・ベテラン陣の活躍があり、和田選手は2点タイムリーヒットを記録して、藤原選手髙部選手が共にヒットを放つなど若手選手のアピールもありました。

 

守備面でも、7回に育成の植田選手が盗塁阻止をする場面や、8回に藤原選手が左中間への良い当たりを掴み取るファインプレーなど見どころがありましたね。

 

先発の佐々木朗希投手は3回2失点でした。

初回から佐藤輝明選手に低めのストレートをレフトスタンドまで運ばれて2点を失いましたが、ストレート中心の力強いピッチングで4奪三振を記録しました。

次回登板もストライク先行でのテンポの良いピッチングを期待しています。

 

4回裏のマウンドに上がったフローレス投手は、三振を1つ奪って14球で危なげなく1イニングを抑える好リリーフでした。

 

5回以降に投げたリリーフ陣はそれぞれヒットを打たれてしまい、ホームランを打たれた投手もいましたが、エキシビションマッチの期間中はあまり失点を気にせず思い切って投げ込んでほしいと思います。

Comment

タイトルとURLをコピーしました