8月17日・西武戦『先発の岩下投手が打ち込まれて完敗』2021シーズン

8月17日のロッテの試合結果

2021-08-17(火)

本日は埼玉西武ライオンズ戦

 

ロッテは後半戦最初の首位オリックスとのカードで負け越してしまいゲーム差を離されました。

上位は混戦が続いているため、首位と離されないようにしっかりと着いていってほしいですね。

 

今日の先発バッテリーは岩下投手田村選手

1ヶ月前の前回登板では5回5失点と打たれてしまったものの、岩下投手は現在4連勝中でチームの勝ち頭となっています。

二桁勝利を目指して、後半戦でも勝利数を積み重ねていただきたいです。

 

そして、今日は安田選手が5番指名打者でスタメン出場となっています。

ロッテとしては得点力が落ちているため、チャンスを活かす攻撃に期待したいですね。

 

8月15日終了時点での順位表

順位チーム試合ゲーム差
1B90443511
2E914337111.5
3M863836123.5
4H913937153.5
5L883440147.5
6F8430441011.5
  • H‥福岡ソフトバンクホークス
  • M‥千葉ロッテマリーンズ
  • L‥埼玉西武ライオンズ
  • E‥東北楽天ゴールデンイーグルス
  • F‥北海道日本ハムファイターズ
  • B‥オリックス・バファローズ

※前日の試合終了時点での順位表です

 

8月17日「ロッテvs西武の試合結果」

8月17日のロッテの試合結果

勝利投手【L】髙橋投手(9勝4敗)

敗戦投手【M】岩下投手(8勝5敗)

本塁打 【L】外崎 2号(5回表2ラン)

〃   【M】藤原 4号(6回裏ソロ)

 

マリーンズの選手の試合成績

本日の試合に出場した千葉ロッテマリーンズの野手・投手それぞれの出場成績です。

 

野手成績

スタメン安打本塁打打点盗塁
1荻野1000
2藤原1110
3中村1000
4レアード1000
5安田0000
6山口2000
7エチェバリア0000
8田村0000
9藤岡3011
途中出場安打本塁打打点盗塁
代打髙部0000
守備佐藤0000
代打角中0000
守備小川0000
代打1000
代打三木0000

 

投手成績

投球回自責点
岩下4回7失点
フローレス2回0失点
東妻1回0失点
中村稔2回1失点

※エラーなどの関係で自責点に誤りがある可能性がございますが、ご容赦いただければ幸いです。

 

~本日の戦評~ 個人的ハイライト

【1回表】岩下投手は2者連続三振を奪った後にヒットと四球を与えてピンチを招くも、続く栗山選手をセカンドフライに打ち取り先制を許さず
【2回裏】この回先頭の山口選手がヒットで出塁、送りバントなどで2アウト2塁のチャンスを作り、藤岡選手がショートの頭上を超えるタイムリーヒットを放って先制
【4回表】岩下投手は2連打と与四球でノーアウト満塁のピンチを招き、山川選手に2点タイムリーヒットを打たれて逆転を許す。
さらにノーアウト1,3塁のピンチが続くも、後続は内野ゴロ2つで3アウトを取って追加点を与えず。
【5回表】岩下投手はホームランを含む5連打を食らい、この回1アウトも奪えず降板。
ノーアウト2,3塁のピンチでマウンドに上がったフローレス投手はタイムリーヒットを打たれて2人のランナーを返すも、さらなる追加点は許さず6回までの2イニングを抑える。
【6回裏】藤原選手がライトスタンド上段に飛び込む特大のソロホームランを放って1点を返し、さらにレアード選手山口選手のヒットで2アウト2,3塁のチャンスを作って代打の角中選手を送るも、レフトフライに打ち取られて5点ビハインドと縮まらず
【8回表】中村稔弥投手は先頭バッターに四球を与えてしまい、送りバントとタイムリーヒットで追加点を奪われる
【9回裏】代打岡選手のヒットから1アウト1,2塁のチャンスを作るも、最後は荻野選手がショートゴロ併殺打に倒れてゲームセット

猛打賞を記録した藤岡選手を筆頭にロッテ打線は10安打を記録したものの、2得点しか奪えずに完敗でした。

 

先発の岩下投手は4回7失点で敗戦投手となってしまいました。

初回はランナーを出したものの、2回・3回と三者凡退に打ち取るテンポの良いピッチングでペースを掴んだと思いました。

 

しかし、4回のクリーンナップからの攻撃で西武打線につかまり、5回には1アウトも奪えずに5連打を食らって完全にノックアウトされてしまいましたね。

変化球でカウントを整えられずストレートを狙われてしまっていたため、ストレート以外にもストライクゾーンを狙えるカウント玉が欲しいところです。

 

8月18日「ロッテvs西武の予告先発」

【ロッテ】小島投手
【西武】ニール投手

 

ロッテの明日の予告先発は小島投手

今シーズン5勝3敗でここまで貯金を作っていますが、防御率は4.69と良い数字ではありません。

制球を乱して四死球からピンチを招いたり、本塁打を打たれる場面が多くなったりしているため、低めに丁寧に集めるピッチングをしていただきたいですね。

 

対する西武の予告先発はニール投手

今シーズンここまでの成績は1勝3敗・防御率4.10となっています。

比較的長いイニングを投げて安定した試合作りをしていますが、ロッテ打線としては打てない投手では無いので、打線はしっかりとニール投手から得点を奪って小島投手を援護してほしいです。

Comment

タイトルとURLをコピーしました