8月19日・西武戦『終盤に粘り強く追いつき試合は引き分けに』2021シーズン

8月19日のロッテの試合結果

2021-08-19(木)

本日は埼玉西武ライオンズ戦

 

昨日の試合でロッテは本拠地マリンスタジアムでの999勝目を記録し、今日はマリンでの1000勝目がかかった試合となります。

今日を逃せば次のマリンでの試合が行われる8月31日までお預けとなってしまうため、2連勝・カード勝ち越しとセットで決めていただきたいです。

 

ロッテの先発バッテリーは鈴木投手加藤選手

鈴木投手には後半戦での活躍を期待できるようなピッチングを見せていただきたいです。

加藤選手は2試合連続でのスタメンマスクとなるため、正捕手の座を狙って攻守に活躍してほしいですね。

 

8月18日終了時点での順位表

順位チーム試合ゲーム差
1B91453511
2E924338112.5
3H924037153.5
4M883937124
5L903541148
6F8530451012.5
  • H‥福岡ソフトバンクホークス
  • M‥千葉ロッテマリーンズ
  • L‥埼玉西武ライオンズ
  • E‥東北楽天ゴールデンイーグルス
  • F‥北海道日本ハムファイターズ
  • B‥オリックス・バファローズ

※前日の試合終了時点での順位表です

 

8月19日「ロッテvs西武の試合結果」

8月19日のロッテの試合結果

本塁打 【L】山川 15号(4回表3ラン)

 

マリーンズの選手の試合成績

本日の試合に出場した千葉ロッテマリーンズの野手・投手それぞれの出場成績です。

 

野手成績

スタメン安打本塁打打点盗塁
1荻野0000
2藤原2000
3中村1010
4レアード1000
5山口1000
6安田0000
7エチェバリア1000
8藤岡1000
9加藤1000
途中出場安打本塁打打点盗塁
代打角中0000
守備佐藤1020
代打1000
代走小川0000
守備田村0000
代打髙部0000

 

投手成績

投球回自責点
鈴木6回3失点
東妻1回0失点
小野1回0失点
益田1回0失点

※エラーなどの関係で自責点に誤りがある可能性がございますが、ご容赦いただければ幸いです。

 

~本日の戦評~ 個人的ハイライト

【1回表】鈴木投手は2三振を奪って三者凡退に抑える上々の立ち上がり
【3回裏】加藤選手が移籍後初ヒットとなる2ベースヒットを放ってノーアウト2塁のチャンスを作るも、後続は打ち取られて先制ならず
【4回表】鈴木投手はヒットと四球を与えて2アウト1,2塁のピンチを招き、山川選手に高めに浮いたストレートを捉えられてしまい、レフトスタンドへの3ランホームランで先制を許す
【4回裏】山口選手エチェバリア選手のヒットで2アウト1,2塁のチャンスを作って代打の角中選手を打席に送るも、センターフライに打ち取られて得点できず
【7回表】東妻投手は先頭バッターにヒットを打たれて1アウト2塁のピンチを招くも、後続を打ち取って追加点は許さず
【7回裏】藤岡選手藤原選手のヒットで2アウト1,3塁のチャンスを作り、中村奨吾選手のタイムリーヒットで1点を返す
【8回表】小野投手は先頭バッターに四球を与えてピンチを招くも、後続にヒットは許さず2点ビハインドのまま
【8回裏】代打の岡選手のヒットから2アウト2,3塁のチャンスを作り、佐藤都志也選手の一二塁間を破るタイムリーヒットで同点に追いつく
【9回表】同点のマウンドに上がった益田投手は11球で三者凡退に抑えて最後の攻撃へ
【9回裏】平良投手に三者凡退に抑えられてしまいゲームセット

3ランホームランでの先制を許したものの、ロッテ打線は終盤に粘り強く繋いで追いつき試合を引き分けに持ち込みました。

マリンでの1000勝目はお預けとなりましたが、貯金を減らさなかったという意味で今日の引き分けは良かったと思います。

 

先発の鈴木投手は6回3失点でQS達成のピッチングでした。

4回表に打たれた山川選手の3ランホームランが痛かったですが、それでも140キロ後半のストレートを中心に6奪三振を記録する悪くない内容です。

打線の援護が序盤からあれば試合展開は変わっていたかもしれませんね。

 

8月20日「ロッテvsソフトバンクの予告先発」

【ロッテ】二木投手
【ソフトバンク】マルティネス投手

 

明日のロッテの予告先発は二木投手

今シーズンここまで4勝5敗・防御率4.39とそこそこの成績ですが、比較的長いイニングを投げてくれている印象です。

しかし、後半戦最初の試合では2本のホームランを打たれて5回6失点と不安なスタートでした。

 

今季は14先発で18被本塁打を食らっていますし、得意としていたソフトバンク打線も抑え込むことが出来ていません。

コントロールのばらつきを抑えて、コースを突くピッチングをしていただきたいですね。

 

対するソフトバンクの予告先発はマルティネス投手

今シーズンは7勝2敗・防御率2.03という好成績を残しています。

マルティネス投手との対戦は今季初となりますが、ロッテ打線には簡単に三振を奪われないような粘り強い攻めをしてほしいですね。

Comment

タイトルとURLをコピーしました