8月22日・ソフトバンク戦『ロッテ打線は5安打2得点と振るわず』2021シーズン

8月22日のロッテの試合結果

2021-08-22(日)

本日は福岡ソフトバンクホークス戦

 

ロッテは引き分けを挟んで現在3連勝中、このカードは既に2勝を挙げて勝ち越しを決めています。

さらに連勝を伸ばして貯金を増やしていってほしいですね。

 

今日はロメロ投手が1軍に登録され、代わりにフローレス投手が抹消となっています。

 

今日の先発バッテリーはロメロ投手加藤選手

ロメロ投手は今日がロッテでの初登板となるため、次回の登板が楽しみになるようなピッチングを見せていただきたいですね。

初登板初勝利にも期待です。

 

そして、昨日の試合で勝利を決定づける2ランホームランを放った佐藤選手が5番指名打者でスタメン出場です。

今日も勝負強いバッティングに期待しています。

 

8月21日終了時点での順位表

順位チーム試合ゲーム差
1B93473511
2E944438123
3M914137134
4H944039155.5
5L9335431510
6F8730461114
  • H‥福岡ソフトバンクホークス
  • M‥千葉ロッテマリーンズ
  • L‥埼玉西武ライオンズ
  • E‥東北楽天ゴールデンイーグルス
  • F‥北海道日本ハムファイターズ
  • B‥オリックス・バファローズ

※前日の試合終了時点での順位表です

 

8月22日「ロッテvsソフトバンクの試合結果」

8月22日のロッテの試合結果

勝利投手【H】笠谷投手(2勝2敗)

敗戦投手【M】ハーマン投手(0勝1敗)

セーブ 【H】板東投手(0勝1敗1S)

本塁打 【H】栗原 12号(4回裏ソロ)

 

マリーンズの選手の試合成績

本日の試合に出場した千葉ロッテマリーンズの野手・投手それぞれの出場成績です。

 

野手成績

スタメン安打本塁打打点盗塁
1荻野1000
2藤原1010
3中村0000
4レアード1010
5佐藤0000
6エチェバリア0000
70000
8藤岡1000
9加藤0000
途中出場安打本塁打打点盗塁
代打角中0000
守備田村0000
代打安田1000
代走和田0000

 

投手成績

投球回自責点
ロメロ4.1回2失点
東妻0.2回0失点
小野1回0失点
田中1回0失点
ハーマン1回2失点

※エラーなどの関係で自責点に誤りがある可能性がございますが、ご容赦いただければ幸いです。

 

~本日の戦評~ 個人的ハイライト

【1回表】先頭バッターの荻野選手がヒットを放って1アウト1,2塁のチャンスを作るも、レアード選手佐藤選手が打ち取られて先制ならず
【1回裏】ロメロ投手は先頭バッターに四球を与え、さらに二遊間の守備の乱れで1アウト1,3塁のピンチを招くも、4番栗原選手をショートゴロ併殺打に打ち取り得点を許さず
【3回表】ノーアウト1塁の場面で藤原選手が左中間方向への2ベースヒットを打ち、予めスタートを切っていた1塁ランナーの荻野選手がホームへ還り1点を先制する
【4回裏】ロメロ投手は栗原選手にソロホームランを打たれて同点に追いつかれる。
さらに3四球を与えて1アウト満塁のピンチを招くも、続くバッターを併殺打に打ち取り勝ち越しは許さず。
【5回表】四球を2つ貰って1アウト1,2塁のチャンスを作り、レアード選手の一二塁間を破るタイムリーヒットで勝ち越しに成功
【5回裏】ロメロ投手はヒットや自身のバント処理の際のエラーなどでノーアウト1,3塁のピンチを招き、続くバッターに犠牲フライを打たれて同点に追いつかれる。さらに、2ベースヒットを打たれて1アウト2,3塁のピンチを招いてしまい降板。
代わってマウンドに上がった東妻投手は二者連続三振を奪い得点を許さない好リリーフ。
【7回裏】田中投手は2番からの好打順を三者凡退に抑える好リリーフを見せる
【8回裏】ハーマン投手は先頭バッターに四球を与えてしまって2アウト1,2塁のピンチを招き、代打の松田選手に2点タイムリー2ベースヒットを打たれて勝ち越しを許す
【9回表】1アウトから代打の安田選手がヒットを放って出塁するも、得点は奪えず最後は代走和田選手の盗塁失敗でゲームセット

 

今日はロッテが先制点を奪いましたが、ロメロ投手が5回に同点に追いつかれてしまい、6回以降は得点を奪うことが出来ず連勝ストップとなりました。

先発のロメロ投手は大きく崩れませんでしたし、中継ぎ陣の好リリーフも続いていたので、ロッテ打線が再び勝ち越し点を奪うような展開にしていただきたかったですね。

 

それでもカード勝ち越しは出来ているため、来週からも少しずつ貯金を増やしながら上位のチームを捉えていってほしいです。

 

先発のロメロ投手は5回途中2失点のピッチングでした。

立ち上がりは150キロを超えるストレートを中心に球威で押していくピッチングを見せ、ピンチの場面でも粘り強く抑えていました。

 

しかし、四球を5つ与えるコントロールが定まらないピッチングとなって崩れてしまいましたね。

制球が安定しなければ球数もかさんでしまうため、先発として長いイニングを投げるという意味でも無駄なボール球は減らしていただきたいです。

Comment

タイトルとURLをコピーしました