9月9日・オリックス戦『小窪選手と荻野選手のホームランで引き分けに』2021シーズン

9月9日のロッテの試合結果

2021-09-09(木)

本日はオリックス・バファローズ戦

 

首位攻防戦となっているこのカードはここまで1勝1敗

今日も勝って連勝でカード勝ち越しを決めてほしいですね。

 

今日は先発の石川投手と共に、小窪選手髙部選手が1軍登録されました。

小窪選手はいきなり2番ファーストでスタメン出場です。

今季がプロ通算14年目となるベテランとして、得点力が落ちているロッテ打線に勢いを与えるようなバッティングを期待したいですね。

 

髙部選手は2軍で結果を残して昇格し、1軍で打てずに抹消という状態がずっと続いています。

2週間ほどの抹消期間でどう変わったのかは分かりませんが、弱点を克服してレギュラーの座を掴み取れるまで頑張っていただきたいです。

 

登録抹消となったのは横山投手佐藤都志也選手

最近は勝ちパターンが連投するほどの接戦が続いていたため、横山投手の登板機会は巡ってきませんでした。

こればかりは仕方ありません。

 

佐藤都志也選手は捕手としてよりもDHでの出場が多くなっていましたが、打率.149と期待されている勝負強いバッティングを見せることが出来ていませんでした。

2軍でバッティングの調子を取り戻して、再び1軍に戻ってきて欲しいですね。

ロッテはここから田村選手加藤選手の捕手2枚体制で戦うことになります。

 

今日の先発バッテリーは石川投手加藤選手

石川投手は右肘の手術を経て、約3ヶ月半ぶりの1軍での先発となります。

今シーズンは肘の違和感もあってかここまで2勝2敗・防御率5.08と打ち込まれる場面が目立ちましたが、ここから調子を上げて先発陣を引っ張っていってほしいです。

 

9月8日終了時点での順位表

順位チーム試合ゲーム差
1M104494015
2B1075142140
3E1074945132.5
4H1084645174
5L1074050179.5
6F10136501511.5
  • H‥福岡ソフトバンクホークス
  • M‥千葉ロッテマリーンズ
  • L‥埼玉西武ライオンズ
  • E‥東北楽天ゴールデンイーグルス
  • F‥北海道日本ハムファイターズ
  • B‥オリックス・バファローズ

※前日の試合終了時点での順位表です

 

9月9日「ロッテvsオリックスの試合結果」

9月9日のロッテの試合結果

本塁打 【M】小窪 1号(7回表ソロ)

〃       荻野 8号(9回表ソロ)

〃   【B】杉本 24号(6回裏ソロ)

 

マリーンズの選手の試合成績

本日の試合に出場した千葉ロッテマリーンズの野手・投手それぞれの出場成績です。

 

野手成績

スタメン安打本塁打打点盗塁
1荻野1110
2小窪1110
3中村0000
4マーティン0000
5レアード1000
60000
7エチェバリア0000
8藤岡1000
9加藤0000
途中出場安打本塁打打点盗塁
代打山口0000
代走和田0001
代打田村0000
守備三木0000

 

投手成績

投球回自責点
石川6回2失点
ハーマン1回0失点
東妻1回0失点
益田1回0失点

※エラーなどの関係で自責点に誤りがある可能性がございますが、ご容赦いただければ幸いです。

 

~本日の戦評~ 個人的ハイライト

【1回裏】石川投手は2アウトから2連打を食らってピンチを招くも、続く大下選手をセカンドゴロに打ち取って先制を許さず
【5回表】レアード選手がチーム初安打となるセンター前ヒットで出塁するも、続く岡選手は2打席連続での併殺打に打ち取られてチャンスを作れず
【5回裏】石川投手はこの回の先頭バッターにヒットを打たれ、2アウト2塁からセンター前タイムリーヒットを打たれて先制を許す
【6回表】藤岡選手がセンター前に落ちるヒットを放って1アウト2塁のチャンスを作るも、加藤選手は三振・荻野選手はライトフライに倒れて得点できず
【6回裏】石川投手はロッテキラーの杉本選手にソロホームランを打たれる
【7回表】今日昇格した小窪選手がレフトスタンドへのソロホームランを放って1点差に詰め寄る
【7回裏】ハーマン投手は三振を2つ奪って10球で三者凡退に抑える好リリーフ
【8回表】エチェバリア選手が四球を選んで出塁し、代走和田選手が盗塁を決めて2アウト2塁のチャンスを作るも、代打の田村選手は三振に倒れて追いつけず
【8回裏】東妻投手は1番からの好打順を2奪三振での三者凡退に抑える
【9回表】荻野選手のレフトスタンドへのソロホームランで同点に追いつく
【9回裏】同点のマウンドに上がった益田投手は、2ベースヒットを打たれて1アウト1,2塁のピンチを招きながらも、後続を三振とサードライナーに打ち取ってゲームセット

ロッテ打線は田嶋投手に抑えられながらも、小窪選手荻野選手の2本のソロホームランで何とか引き分けに持ち込みました。

先発の石川投手を中心とする投手陣の好投も報われましたね。

 

とは言え、今日もロッテ打線は4安打に終わり、得点はホームラン頼みの状態です。

打線を組み替えても繋がりが良くなる気配が無いため、それぞれの選手がもっと打ってくれないと苦しい展開が続いてしまいそうです。

 

先発の石川投手は6回2失点という結果でした。

ランナーを多く出しましたが、持ち味の打たせて取るピッチングでテンポ良く抑えていましたね。

復帰登板にしてはかなり安定感があったため、終盤に向けてこれからの活躍に期待です。

 

9月10日「ロッテvs楽天の予告先発」

【ロッテ】佐々木朗希投手
【楽天】田中投手

 

明日のロッテの予告先発は佐々木朗希投手

中12日で3連戦のカード頭に先発します。

前回登板は仙台での楽天戦で、5回無失点の好投を見せて勝利投手となっています。

明日こそは本拠地マリンでの初勝利に期待ですね。

 

対する楽天の予告先発は田中投手

防御率2.86の好成績を残していますが、4勝5敗と勝ち星は伸び悩んでいますね。

ロッテ打線に対しては3先発で防御率0.90と抑え込んでいて、長いイニングを投げることの出来るピッチャーなので苦戦が予想されます。

ロッテ打線は佐々木朗希投手にマリンでの初勝利をプレゼントできるように、粘り強く攻めてチャンスを活かす攻撃をしてほしいですね。

Comment

タイトルとURLをコピーしました