9月11日・楽天戦『小島投手は9回1失点のプロ初完投で勝利を挙げる』2021シーズン

9月11日のロッテの試合結果

2021-09-11(土)

本日は東北楽天ゴールデンイーグルス戦

 

昨日は佐々木朗希投手の粘り強いピッチングとレアード選手の2本塁打の活躍でサヨナラ勝利を挙げています。

楽天の先発陣は実績のある好投手が続きますが、楽天とは今季相性が良いので連勝で勝ち越しを決めたいですね。

 

ロッテの先発バッテリーは小島投手加藤選手

小島投手はここ2試合、5回を投げ切れない不甲斐ないピッチングが続いてしまっていますが、打線の援護に恵まれて6勝3敗と白星が先行しているため、ここからは小島投手がしっかりと試合を作ってチームの勝利に貢献していただきたいです。

 

そして今日は、小窪選手が2番ファースト、山口選手が6番レフトでスタメン出場です。

小窪選手はロッテ入団後初の1軍戦でホームランを放って期待に応えるバッティングを見せてくれたため、今日も勝利に貢献する活躍を期待しています。

 

一方で、山口選手は9月に入ってから調子を落として代打でも三振が目立っていますが、今日はレフトの守備にも就くため打撃と守備ともに安定感を求めたいです。

 

9月10日終了時点での順位表

順位チーム試合ゲーム差
1M106504016
2B1095242150
3E1095046133
4H1094645184.5
5L10840511710.5
6F10336511612.5
  • H‥福岡ソフトバンクホークス
  • M‥千葉ロッテマリーンズ
  • L‥埼玉西武ライオンズ
  • E‥東北楽天ゴールデンイーグルス
  • F‥北海道日本ハムファイターズ
  • B‥オリックス・バファローズ

※前日の試合終了時点での順位表です

 

9月11日「ロッテvs楽天の試合結果」

9月11日のロッテの試合結果

勝利投手【M】小島投手(7勝3敗)

敗戦投手【E】岸投手(7勝8敗)

本塁打 【E】島内 17号(8回表ソロ)

 

マリーンズの選手の試合成績

本日の試合に出場した千葉ロッテマリーンズの野手・投手それぞれの出場成績です。

 

野手成績

スタメン安打本塁打打点盗塁
1荻野1000
2小窪0010
3中村2000
4マーティン2010
5レアード1010
6山口0000
7安田0010
8藤岡1000
9加藤0000
途中出場安打本塁打打点盗塁
代走小川0000
代打髙部0000
守備0000
守備エチェバリア0000
代走和田0000
代打角中0000
守備三木0000

 

投手成績

投球回自責点
小島9回1失点

※エラーなどの関係で自責点に誤りがある可能性がございますが、ご容赦いただければ幸いです。

 

~本日の戦評~ 個人的ハイライト

【1回裏】荻野選手がセンターの頭上を越える3ベースヒットを放ってノーアウト3塁のチャンスを作り、続く小窪選手が初球をきっちりと外野まで飛ばす犠牲フライを決めて先制
【2回表】小島投手は先頭バッターにヒットを打たれるも、後続を併殺打と三振に抑えてこの回8球で3アウトを取る
【4回裏】中村奨吾選手が2ベースヒットを打って1アウト2塁のチャンスを作り、続くマーティン選手がセンターへのフェンス直撃となるタイムリー2ベースヒットを放ってリードを2点に広げる
【7回裏】マーティン選手の一塁線を破る2ベースヒットとレアード選手の三塁線を破るバースデータイムリー2ベースヒットで1点を追加し、さらに代打髙部選手の送りバントと安田選手の犠牲フライでリードを4点に広げる
【8回表】小島投手は島内選手にソロホームランを打たれて1点を失うも、その後は3人打の打者から9球で3アウトを奪って崩されず
【8回裏】2アウトから中村奨吾選手が2ベースヒットを放って2アウト1,2塁のチャンスを作るも、代打の角中選手はファーストゴロに打ち取られて3点リードで最終回へ
【9回表】小島投手は先頭バッターにヒットを打たれながらも、後続を打ち取って得点を許さずゲームセット

ロッテ打線は7安打4得点の攻撃で今日は効率良く得点を奪い、援護を貰った小島投手はプロ初完投で今季7勝目を挙げました!

 

先発の小島投手は9回1失点で自身初の完投を達成し、打線と噛み合い勝利を挙げました。

今日は立ち上がりから厳しいコースに投げ込めていましたし、全体的にボールを低めに集めていましたね。

ストライク先行のテンポの良いピッチングを続け、無四球完投8奪三振を記録しています。

 

3連投をしていた守護神の益田投手がベンチを外れているという中で、最高のピッチングをしてチームもリリーフ陣も救ってくれました。

 

9月12日「ロッテvs楽天の予告先発」

【ロッテ】河村投手
【楽天】石橋投手

 

明日のロッテの予告先発は河村投手

1軍で初先発となった7月7日の試合では5回1失点で初先発初勝利を記録し、その後もファームで安定感のあるピッチングを続けています。

ピンチの場面での粘り強さがありますし、角度のあるストレートが武器になり直球で押し切ることもできるため、無駄な四球でランナーを溜めないようにテンポ良く抑えていってほしいですね。

 

対する楽天の予告先発は石橋投手

今季初の1軍登板となった8月29日は、ロッテ打線を6回無失点に抑え込む好投を見せました。

その試合でロッテ打線はヒット2本、四球での出塁1つのみとランナーを出すことすら厳しい展開となってしまいましたが、ファームでは被打率の高い投手なのでしっかりと繋いで打ち崩していただきたいです。

Comment

タイトルとURLをコピーしました