9月12日・楽天戦『ロッテ打線が13安打9得点と繋がって連勝は止まらず』2021シーズン

9月12日のロッテの試合結果

2021-09-12(日)

本日は東北楽天ゴールデンイーグルス戦

 

一昨日は佐々木朗希投手が8回2失点・昨日は小島投手が完投勝利を挙げているため、このカードの中継ぎは益田投手が1イニングを投げたのみで勝ち越しを決めています。

リリーフを温存して良い形で来ているため、さらに楽天との差を広げておきたいですね。

 

ロッテの先発バッテリーは河村投手加藤選手

河村投手は7月7日に初先発初勝利を挙げ、ファームでも先発として好投を続けてきました。

調子の良い先発陣の流れに乗って、今日も打線の援護を呼び込めるようなテンポの良いピッチングを期待しています。

 

そして、今日は2番レフトで髙部選手がスタメン入りをしています。

三振が目立って出塁率.245と1軍ではバッティングがイマイチな状態ですが、2番打者としてチャンスを作る・チャンスを広げるような活躍に期待したいですね。

 

9月11日終了時点での順位表

順位チーム試合ゲーム差
1M107514016
2B1105243151
3E1105047134
4H1104646185.5
5L10941511710.5
6F10437511612.5
  • H‥福岡ソフトバンクホークス
  • M‥千葉ロッテマリーンズ
  • L‥埼玉西武ライオンズ
  • E‥東北楽天ゴールデンイーグルス
  • F‥北海道日本ハムファイターズ
  • B‥オリックス・バファローズ

※前日の試合終了時点での順位表です

 

9月12日「ロッテvs楽天の試合結果」

9月12日のロッテの試合結果

勝利投手【M】河村投手(2勝0敗)

敗戦投手【E】石橋投手(0勝1敗)

本塁打 【E】浅村 11号(6回表ソロ)

〃   【M】中村 8号(3回裏ソロ)

〃       レアード 23号(3回裏2ラン)

 

マリーンズの選手の試合成績

本日の試合に出場した千葉ロッテマリーンズの野手・投手それぞれの出場成績です。

 

野手成績

スタメン安打本塁打打点盗塁
1荻野2020
2髙部0000
3中村3110
4マーティン1000
5レアード3140
6安田0000
7角中1000
8藤岡3011
9加藤0000
途中出場安打本塁打打点盗塁
守備エチェバリア0010
代走和田0001
代走0000
守備三木0000

 

投手成績

投球回自責点
河村5回1失点
ハーマン1回1失点
国吉1回0失点
東妻1回0失点
田中1回0失点

※エラーなどの関係で自責点に誤りがある可能性がございますが、ご容赦いただければ幸いです。

 

~本日の戦評~ 個人的ハイライト

【1回表】河村投手は2連打を食らうなどで1アウト1,3塁のピンチを招き、犠牲フライを決められて先制を許す
【1回裏】ロッテは3四死球を貰って2アウト満塁のチャンスを作るも、安田選手はサードゴロに倒れて得点を奪えず
【3回裏】中村奨吾選手のレフトスタンドへのソロホームランで同点に追いついて、さらに2ベースヒットを放ったマーティン選手を塁に置き、レアード選手が左中間への2ランホームランを放って逆転に成功
【4回裏】荻野選手の内野安打から2アウト満塁のチャンスを作り、レアード選手の三遊間を破る2点タイムリー2ベースヒットでリードを4点に広げる
【5回裏】角中選手が四球で出塁し、続く藤岡選手がセンターの頭上を越える2ベースヒットを放ち、1塁ランナーの角中選手が一気にホームまで生還する好走塁でリードは5点に
【6回表】ハーマン投手は浅村選手にソロホームランを打たれてリードは4点となるも、それ以外のバッターの出塁は許さず
【7回表】国吉投手は2連打でノーアウト1,2塁のピンチを招くも、後続からは2三振を奪って抑えて得点を許さず
【7回裏】1アウト2,3塁のチャンスで荻野選手が2点タイムリーヒットを放ってリードを6点に広げる
【8回裏】中村奨吾選手レアード選手のヒットなどでノーアウト満塁のチャンスを作り、守備から途中出場のエチェバリア選手が犠牲フライを決めてさらにリードを広げる
【9回表】大量リードのマウンドに上がった田中投手は、ランナーを出しながらも無失点に抑えてゲームセット

今日はロッテ打線が13安打9得点と繋がる猛攻を見せ、先発の河村投手も5回1失点の好投で大量リードの展開を作り快勝を挙げました。

ロッテは引き分けを挟んで4連勝となり、このカードは中継ぎ陣を上手く休ませながら戦うことが出来る理想的なスイープが決まりましたね。

野手陣先発陣中継ぎ陣がしっかりと噛み合っています。

 

先発の河村投手は5回1失点の好投で2勝目を挙げました。

初回は変化球が甘いコースに入ってしまったり、高めに浮いて外野に多くの打球を飛ばされてしまい安定感を欠きましたが、尻上がりに調子が良くなって5回を70球に抑える好投でした。

登板間隔の空いているリリーフ陣を投げさせるということも兼ねて早めの交代となりましたが、ローテ入りの可能性も感じさせるルーキーとは思えない活躍を見せてくれましたね。

Comment

タイトルとURLをコピーしました