9月15日・ソフトバンク戦『安定感のあるリリーフと打線の繋がりで逆転勝利』2021シーズン

9月15日のロッテの試合結果

2021-09-15(水)

本日は福岡ソフトバンクホークス戦

 

ロッテは現在5連勝中と絶好調で首位をキープしています。

好調な流れに乗ってさらに貯金を増やしていきたいですね。

 

特例2021で抹消されているマーティン選手の1軍復帰はまだですが、PCR検査では陰性の判定が出たようなので一安心です。

体調を整えて万全な状態でチームに合流していただきたいです。

 

そして、今日は中村稔弥投手ロメロ投手が抹消となっています。

ロメロ投手はローテ―ションの調整での抹消、中村稔弥投手は登板機会がなく抹消です。

 

先発の好投が続いているためロングリリーフの仕事が少なくなっていましたし、中継ぎの枚数が多く1軍登録されている日もあって中村稔弥投手はベンチ入りをしない日も増えていました。

おそらくファームでは先発での調整が予想されるため、好投を続けて先発として1軍に戻ってくることを期待しています。

 

今日のロッテの先発バッテリーは美馬投手田村選手

美馬投手は後半戦から調子を上げてきているため、得意としていたソフトバンク打線もしっかりと抑えていただきたいです。

 

今日はマーティン選手の代わりに昇格した菅野選手が2番に入り、エチェバリア選手も6番ショートで久しぶりのスタメン出場となっています。

打線の繋がりを意識したバッティングに期待しています。

 

9月14日終了時点での順位表

順位チーム試合ゲーム差
1M109534016
2B1125245153
3E1125148135
4H1124648187.5
5L11143511710.5
6F10638521613.5
  • H‥福岡ソフトバンクホークス
  • M‥千葉ロッテマリーンズ
  • L‥埼玉西武ライオンズ
  • E‥東北楽天ゴールデンイーグルス
  • F‥北海道日本ハムファイターズ
  • B‥オリックス・バファローズ

※前日の試合終了時点での順位表です

 

9月15日「ロッテvsソフトバンクの試合結果」

9月15日のロッテの試合結果

勝利投手【M】ハーマン投手(1勝1敗)

敗戦投手【H】板東投手(0勝2敗)

セーブ 【M】益田投手(1勝4敗33S)

本塁打 【H】柳田 26号(3回裏2ラン)

〃       デスパイネ 3号(4回裏ソロ)

 

マリーンズの選手の試合成績

本日の試合に出場した千葉ロッテマリーンズの野手・投手それぞれの出場成績です。

 

野手成績

スタメン安打本塁打打点盗塁
1荻野2000
2菅野0000
3中村2010
4レアード0000
5角中2020
6エチェバリア2010
7山口0000
8藤岡1010
9田村0000
途中出場安打本塁打打点盗塁
代走髙部0000
代走0000
代打小窪0000
守備加藤0000
代打安田0000
守備三木0000
守備和田0000

 

投手成績

投球回自責点
美馬3.1回4失点
鈴木1.2回0失点
ハーマン1回0失点
国吉1回0失点
佐々木千1回0失点
S益田1回0失点

※エラーなどの関係で自責点に誤りがある可能性がございますが、ご容赦いただければ幸いです。

 

~本日の戦評~ 個人的ハイライト

【1回表】先頭バッターの荻野選手が四球で出塁して1アウト3塁のチャンスを作り、中村奨吾選手のタイムリーヒットでロッテが先制
【3回表】荻野選手のヒットなどで2アウト1,3塁のチャンスを作り、角中選手エチェバリア選手がそれぞれタイムリーヒットを放ってリードを3点に広げる
【3回裏】美馬投手は柳田選手に2ランホームランを打たれるも、味方の好守備が続いてリードの状態は続く
【4回裏】美馬投手はデスパイネ選手にソロホームランを打たれて同点に追いつかれ、さらに四球から招いた1アウト2,3塁のピンチで勝ち越しのタイムリーヒットを浴び降板。
1アウト1,3塁のピンチでマウンドに上がった鈴木投手は2奪三振に抑え追加点を許さず。
【6回表】エチェバリア選手の2ベースヒットなどで1アウト2,3塁のチャンスを作り、藤岡選手の一二塁間をしぶとく破るタイムリーヒットで同点に追いつく。
さらに1アウト満塁のチャンスが続くも、荻野選手はファールフライ・菅野選手は三球三振に倒れて勝ち越しならず
【6回裏】ハーマン投手は三振を1つ奪い11球で三者凡退に抑える好リリーフ
【7回表】死球で出塁した中村奨吾選手を2塁に置き、角中選手が左中間へのタイムリー2ベースヒットを放って勝ち越しに成功
【7回裏】国吉投手は2奪三振で三者凡退に抑える好リリーフを見せる
【8回裏】佐々木千隼投手はヒットを1本打たれながらも1イニング無失点で抑える
【9回裏】1点リードのマウンドに上がった益田投手は、ランナーを1人出しながらも無失点に抑えてゲームセット

今日は序盤でリードを作り、先発の美馬投手が1度逆転を許したものの、打線がしっかりと繋いで再び勝ち越しに成功し、連勝はまだ止まりません。

リリーフ陣の安定感、打線の繋がり、連勝の良い流れのまま戦えていますね。

 

先発の美馬投手は4回途中4失点で降板となりました。

初回は2三振を奪う良い立ち上がりに見えましたが、2本塁打を食らうなどで打ち込まれてあっさりと逆転を許してしまいましたね。

序盤から3点のリードを貰っていたため、ソフトバンク打線をしっかりと抑えて試合を作っていただきたかったです。

 

9月16日「ロッテvsソフトバンクの予告先発」

【ロッテ】二木投手
【ソフトバンク】マルティネス投手

 

明日のロッテの予告先発は二木投手

今季は失点の多いピッチングが続いていましたが徐々に安定感を取り戻し、前回登板はオリックス打線を7回1失点に抑える好投で勝利を挙げています。

得意としていたソフトバンク打線に対して今シーズンは2勝2敗・防御率4.40と相性の良さを見せることが出来ていませんが、明日は良い流れのままテンポ良く抑えてほしいですね。

 

対するソフトバンクの予告先発はマルティネス投手

ここまで7勝3敗・防御率1.91の成績を残し、少ない失点で抑える好投が続いています。

ロッテ打線は先月の対戦で8回2失点・11奪三振と圧巻のピッチングを見せつけられているため、しっかりと対策をしてそれぞれの選手が粘り強く繋ぐバッティングをしていただきたいです。

Comment

タイトルとURLをコピーしました